服部本町5丁目にあり、天竺川にかかる西願寺橋の南西側、服部みどり幼稚園の南側に位置し、大阪府が管理する服部緑地の公園区域の一部で、現在フェンスで閉鎖されている場所のことです。
 昭和50年頃、地域住民からごみの不法投棄が多いという苦情が多く寄せられたため、フェンスで閉鎖されました。現在は年に2回ほど大阪府が草刈りを行っています。本来は公園区域であり、府民の方が適切に利用するための土地です。なお、「天竺のはらっぱ」という名称は、イベント時に使用している愛称です。
初夏のはらっぱ 冬のはらっぱ
平成21年(2009年)5月号の「広報とよなか」表紙で紹介されました →詳しくはこちら

 ◇ 天竺のはらっぱの利用について
 天竺のはらっぱを地域で有効に活用していただくため、利用に関するルールと手続きを平成24年10月に定めました。天竺のはらっぱの趣旨から、自由使用が基本であり、現状の自然状況のまま利用することや周辺住民への配慮を行うことが前提となっています。
 利用に関するルールや手続きに関する様式は以下をご利用ください。


●「天竺のはらっぱ」の利用について
●「天竺のはらっぱ」利用申込書
●「天竺のはらっぱ」利用報告書
●「天竺のはらっぱ」利用報告書(記入例)

 <利用申込書の提出先・利用に関する問合せ先>
 服部緑地管理事務所(指定管理者:一般財団法人大阪府公園協会)
  〒561-0873 豊中市服部緑地1-1
  TEL 06-6862-4945 FAX:06-6868-2016


inserted by FC2 system